トップページ > よくある質問

よくある質問

ご契約前によくある質問
サービスについて
Q.
WAF(ワフ)とは?
A.

WAF とは、Web サイトへの攻撃を読み、防御する「楯」の役割をもつ、シンプルなセキュリティ対策です。
複雑でプログラミングや運用などでは完全に守ることが出来ないセキュリティ対策を、Web サイトの前に「楯」を置く事で、1カ所で防御する機能です。

Q.
DDoS(ディードス)とは?
A.

DDoS 攻撃とは、悪意の攻撃者が大量の他人のWebサーバやPC 等を乗っ取り、それらを使って一気にアクセスしてくることで、Web サイトの負担を大きくさせ、繋がりにくく、さらにはサービスの停止などにも繋がる攻撃です。

Q.
改ざん検知とは?
A.

改ざん検知とは、攻撃者がWeb サーバに不正ログインをし、Web サイトを書き換えてしまう攻撃を検知するセキュリティ対策です。
Web サイトを改ざんされてしまうと、サービスの停止だけではなく、Web サイト閲覧者にルウェアを感染させたりする事もあるため、加害者にならないためにも、いち早く改ざん検知をする必要があります。

Q.
BLUE Sphereとは、どのようなサービスですか?
A.

Webサイトを守るには「多層防御」が必須になります。
BLUE Sphereは多層防御として、【WAF+DDoS+改ざん検知】を一つにまとめて提供するサービスです。

Q.
月額費用の算出方法を教えてください。
A.

BLUE Sphereでは3ヶ月のOutBound通信(※)の平均値から月額表を算出します。
※Webサーバからパソコンへデータを送った分の通信のみ

Q.
他社との違いは?
A.

充実の基本サービス:①基本プランですべての脅威に対処 ②https( 暗号化)に無償で対応します。
良心的な価格設定 :①他社にない良心的な課金方式   ②登録できるWebサイトは無制限です。

導入方法について
Q.
無償トライアルは何日で開始できますか?
A.

無償トライアルは、3営業日前後で利用開始が可能です。

Q.
無償トライアルではどんな機能が試せますか?
A.

無償トライアルでは「DDoS防御」「WAF」機能を試して頂く事が可能です。
WAF機能は検知機能のみが有効となっており、無償トライアル利用時に通信をブロックせずにWebサイトへの攻撃状況が確認できます。

また「改ざん検知」機能に関しては、サービス利用開始後に利用が可能となります。

Q.
導入できる環境の条件はありますか?
A.

クラウド・レンタルサーバ・オンプレなど、お客様の環境はどちらであっても導入は可能です。

Q.
ロードバランサのある環境ですが使えますか?
A.

はい。問題ございません。

Q.
https(暗号化)未導入ですが、利用できますか?
A.

はい。BLUE Sphere側にて無償でSSLを提供します。Webサイト側の設定変更は不要です。

Q.
接続元IPアドレスは確認できますか?
A.

BLUE Sphereを利用した場合の接続元IPアドレスは、HTTPヘッダ内の「X-Forwarded-For」に記載していますので確認できます。

Q.
設定変更やモジュールのインストールは必要ですか?
A.

一切不要です。
BLUE Sphereを導入するにあたって、Webサーバの設定変更やモジュールのインストールなどは必要ありません。
基本的にDNSサーバの設定内容を変更するのみです。

Q.
導入時のサポートはありますか?
A.

導入時は基本的に、メール・電話にてサポートをさせていただきます。

ご契約について
Q.
契約はドメインごとに必要ですか?
A.

必要ありません。
ドメインの持ち主の企業様単位の契約となり、企業様がお持ちのドメインは無制限で追加可能です。

Q.
http/https以外のプロトコルに対応していますか?
A.

BLUE Sphereは「http/https」にのみ対応しています。

Q.
最低契約期間について教えてください。
A.

最低契約期間は1カ月です。
解約当該月末の7日前までに告知することで、当該月末をもって解約可能です。
解約をご希望の際には、希望月の月末から7日前までにサポートデスクまでメールにてご連絡ください。

Q.
月額費用の算出方法を教えてください。
A.

BLUE Sphereでは3ヶ月のOutBound通信(※)の平均値から月額表を算出します。
※Webサーバからパソコンへデータを送った分の通信のみ

サポートについて
Q.
カスタマーサポートの営業時間を教えてください。
A.

メールにて24時間365日受付にて対応しております。

ご契約後によくある質問
証明書について
Q.
SSL証明書の更新方法を教えてください。
A.

【BLUE Sphereへの証明書インポート手順】
・[ユーザ設定] > [SSL/リダイレクト] > [SSLタイプ:カスタムSSL]を選択
・証明書ファイル(crt):サーバ証明書のcrtファイルのテキストを貼り付けます。
・証明書ファイル(ca):crtファイルに含まれず、caファイルが別にある場合はこちらに張り付けます。
・秘密鍵ファイル(key):秘密鍵ファイルのテキストをコピーして貼り付けます。
※全て、空白無しで貼り付けて下さい。
・[SSL証明書をアップロード]を押下し、[ステータス:適応済]と変化すれば更新完了となります。

仕様について
Q.
WebサーバのIPアドレスが複数ある場合には?
A.

WebサーバのIPは、複数指定する事が可能ですので問題ありません。

Q.
WebサーバをIPアドレス以外の値で指定できますか?
A.

Webサーバの宛先はCNAMEでも指定可能です。

Q.
改ざん検知の設定方法を教えてください。
A.

改ざん検知はサイトごとに個別設定させていただく必要がありますので、ヘルプデスクまで一度ご連絡ください。